ここを押さえれば安心!失敗しない現金化のポイント

おひさまクレジット公式

ここを押さえれば安心!失敗しない現金化のポイント

失敗しない現金化の心得~本人確認編~

『クレジットカード現金化が初めてで解らない!』 『何をどうすればいいのかも知らない!』 そんな貴方はこれを読めばもう大丈夫ですよ!   今回は現金化がはじめての方や現金化についてもっと詳しく知りたいという方にお教えする『失敗しない現金化の心得~本人確認編~』。   今から言うポイントだけ抑えておけば初めての現金化でも迷う事なく現金化業者を選定する事が出来るようになりますよ! では、そのポイントがなんなのかを見て行きましょう。  

本人確認で必要な情報一覧

  現金化業者で抑えるべきポイントは以下の3つになります。   ・本人確認はあるか?個人情報を教える前にある程度の換金率を提示してくれるか?振込み金額と時間をしっかりと教えてくれるか?   以上の3点は確実に押えて置きたい所ですね! 見る人が見れば当然と思うかもしれませんが、現金化がはじめての方には良くわからない事だらけです。   では1つ1つのポイントのチェック部分を確認していきましょう!  

本人確認の重要性

今回は現金化業者を利用する際にクレームや嫌がられるのがこの『本人確認』についてご紹介致します。 この本人確認はどの様な事をするのかというと以下のような確認を行います。  
本人確認の抑えるポイント
住所の確認 電話番号の確認 振込先口座の確認 身分証の確認
  この中で一番利用者に嫌われているのが、身分証の確認です。   なので、ネットで身分証の確認と言われているのは基本的にこの身分証の確認の事を差しているんです。 ではどの様な事をするのかというと、『身分証を持って顔が見えるように自撮りをする』というい行為が必要不可欠になります。   当然、顔が見られるどころか、住所まで発覚するのでなにか悪用やイタズラされるのでは?と思って現金化を断念してしまう人は大勢います。   しかし、勘違いしてはいけません。   現金化業者は何も悪用するために個人情報を要求している訳では無いからです。 現金化業者が個人情報を要求する理由は、古物商営業法で義務付けられているからです。   リサイクルショップで何か物を買い取って貰う時に本人確認が必要ですよね? 簡単に言うと現金化業者の本人確認はそれと同じ行為なのです。   自撮りの写真を取るのは、拾われた財布のクレジットカードでの現金化などを防止する為。 そのため、現金化業者は悪意を持って個人情報の確認・要求をしているのでは無く、本人確認をしなければ違法になってしまうから行なっているというだけなのです。   当然悪用などを企んでいる現金化業者はいるでしょうが、今の世の中ネットが普及している為そのような悪事を行えばスグに発覚してしまい利用者が居なくなってしまうのがわかっている為、個人情報を悪用する現金化業者はそうそういません。   しかし、これ以上の情報を求めてくる現金化業者には注意して下さい。  

マイナンバーや実家・職場の住所は不要の筈が?

もしもこれ以上の個人情報を求められた際には注意して下さい。 悪質業者の可能性が考えられます。 通常個人情報の確認は ・クレジットカードの情報顔写真付きの公的身分証振込先の口座番号電話番号住所   これだけあれば充分です。 業者によってはこの後にプラスαで情報を求められるかもしれませんが、マイナンバー実家の住所職場の情報は必要ない筈なのでしっかりと必要な理由を求めるようにしましょう。 悪質い業者について詳細を書いた記事がありますので参考にご覧ください。 【クレジット現金化を悪用した犯罪も起こりえる】  

本人確認が必要でも悪質業者は存在する

  本人確認がない現金化業者は法律に反している業者の為、利用するのは危険です。 しかし、本人確認がある現金化業者でも時折、悪質なサービスを行なってくる業者は存在します。 そのため、優良の現金化業者を利用する必要がありますが、その業者の選び方がよくわからないという方も現金化を利用してる方の中には多いかと思われます。   当サイトのTOPペーシではサービス項目別にオススメの現金化業者を掲載しています。 どの現金化業者も調査済みなのでよろしければ詳細ページ共々活用していただければと思います!  

【現金化即日】失敗しない現金化はクレジット現金化比較ナビ|TOPページへ戻る