違法性のある悪質な業者

おひさまクレジット公式

違法性のある悪質な業者

投資や融資などお金にまつわる商売には違法業者や詐欺業者が存在するのは、今も昔も変わりありません。 クレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスは比較的新しい金融サービスというイメージがありますが、その中にも悪質な行為で利用者を欺く業者が潜んでいます。 そういった業者に限って手口は巧妙で、ホームページはよくあるクレジットカード現金化サイトと遜色なく対応も当たり障りのない丁寧な言葉遣いになります。 クレジットカード現金化を利用したことのない初心者の方にとって、緊張のほぐれる和やかな現金化業者に思われがちですが、そこに落とし穴があるのです。

悪質な業者の手口

クレジットカード現金化で悪質な行為を働く業者というのはどのような手口で利用者を欺いているのかを簡単にご説明します。 ・利用者の個人情報を詐取 ・決済したのにも関わらず振込されない ・ホームページに記載のない法外な手数料を引かれる 等があります。 どの手口の業者も違法性は高く、騙された場合には警察やクレジットカード会社に報告したほうがよいでしょう。

利用者の泣き寝入り

クレジットカード現金化というサービスは世間的に見ても後ろめたい部分があります。 悪徳現金化業者というのは利用者は騙されたとしても警察やクレジットカード会社には通報することはできないことを理解しています。 ほとんどの利用者というは違法な業者の被害に遭った場合でもどこかに報告することなく泣き寝入りしてしまうことがほとんどです。 中には国民生活センターに相談される方もおりますが、それでは何の解決にもなりません。 しかし、警察やクレジットカード会社に報告すると「現金化目的でクレジットカードを使用した」ということが発覚してしまいます。 つまり、クレジットカードの利用停止や強制退会は免れないということになります。 悪徳業者からの被害とクレジットカードの強制退会を天秤にかけた場合、被害を泣き寝入りすればクレジットカードはこれからも使えるという考え方もあります。 今後、悪徳業者が逮捕された場合に決済履歴から利用者を割り出すことは難しいことではありません。 結果的にクレジットカード現金化の発覚を恐れるのであれば、利用を控えることが一番なのかも知れません。 しかし、どうしてもお金が必要な時にはクレジット現金化比較ナビの優良店で利用すれば違法性のある悪質な現金化業者に騙される心配はないでしょう。