自分で行う換金方法

おひさまクレジット公式

自分で行う換金方法

自分で換金した場合の現金化クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為自体のはじまりは数十年前から存在するといわれております。「クレジットカード現金化」という言葉が遣われはじめたのはここ10年くらいで、それ以前というのは現在のようなクレジットカード現金化業者は存在せず、クレジットカードの所有者自身が自分で換金を行っておりました。



換金するために購入する商品

クレジットカードのショッピング枠をお金にするためには何かしらの商品を購入して換金しなければなりません。つまり、換金性の高い商品を購入する必要があるということになります。 一般的に換金性の高い商品というのは、


  • ・商品券や切手などの金券類
  • ・貴金属やブランド品
  • ・パソコンやデジタルカメラなどの電化製品

などがあり、これをクレジットカードで購入して金券ショップや質屋の持ち込み換金してもらうという方法です。


金券類の換金

クレジットカードのショッピング枠をお金にするのにもっとも換金性の高い商品は金券類です。その中でも高い換金率の商品はVISAや百貨店などが発行する商品券です。商品券というのはその性質的にもお金に近い存在なので金券ショップで買取をする時の換金率も95%を超えるものもあり効率のよい方法とされています。その反面、クレジットカード会社としては換金目的によるクレジットカードに使用を利用規約で禁じており、金券類を頻繁に購入したり一度の大量の商品券を購入することができないよう制限をかけている場合が多いです。


貴金属や電化製品などの換金

商品券に比べ、換金率は低くなりますが確実にクレジットカードで購入することが可能な商品はこちらです。質屋や貴金属専門の買取で換金した場合、購入した金額の6割から7割くらいになってしまいますが、金券類購入のようなクレジットカード会社から換金目的による不正使用を疑われる可能性が少ない安全な換金方法です。


総合的にクレジットカード現金化を業者を介さずに行う場合にはリスクが大きかったり換金率が低かったりというバランスのよくない方法になってしまいます。時間効率なども考慮した場合、現金化業者を利用した方が安全面でも換金率でもトータルバランスがとれた方法といえます。




クレジット現金化比較ナビ≪失敗しない即日現金化≫TOP頁もどる