パーセンテージの表記について

おひさまクレジット公式

パーセンテージの表記について

クレジットカードの種類金券ショップで商品券などを買い取ってもらう時に、その商品券の額面に対しての買取金額の割合を示すパーセンテージが買取率や換金率という数字になります。例えば、JCBの商品券を10万円分を買い取ってもらった場合に10万円の現金に換えることはできません。

平均的に95%前後になるので現金は9万5千円程度になります。このように換金率のパーセンテージは100になることはありえませんが、100%にもっとも近い数字が高い換金率というのは言うまでもありません。


よくクレジットカード現金化のホームページには「最大96.%キャッシュバック」や「業界最高97.5%を還元します」という文字が大きく表記されているのを見たことがある方も多いと思います。確かにこのパーセンテージというのは100%にほど近い優秀な換金率であることは間違いありません。

しかし実際にこの高い換金率でクレジットカード現金化をできればそれに越したことはありませんが、そんな話はまずあり得ないと思っていただいたほうがよいでしょう。

 

なぜこのようなパーセンテージがあり得ないのかというと、よくディスカウントショップなどで1個だけ購入するよりケースで購入した方が安くなる商品があります。異様に高いパーセンテージというのもこの原理を利用したもので、数百万円単位での利用額で10日後に送金という現実的にかなり厳しい条件が課せられます。クレジットカード現金化の平均的な利用金額というのは10万円前後ですのでそのような場合は80%以下になってしまうのが相場とされています。

 

では、このような誇大表記にはどう対処すればよいのかというと、申し込んでからクレジットカード決済するまでの間にはっきりとした決済金額と送金額を確認することが確実な対処法といえます。現在営業しているクレジットカード現金化のホームページの半数以上が明らかに高すぎるパーセンテージを表記しております。このことをあらかじめ踏まえ、決済手続きの前に確認し、納得ができなければキャンセルするということがクレジットカード現金化サービスを利用する上で大切なことです。




クレジット現金化比較ナビ≪失敗しない即日現金化≫TOP頁もどる