安全に行うためのクレジット現金化について

おひさまクレジット公式

安全に行うためのクレジット現金化について

安全に利用するための秘策

安全_現金化

お金が欲しくて頻繁的に利用されるようになったクレジット現金化ですが、取引先によっては安全にカードを取り扱ってくれるのか不安です。

 

クレジットカードに何かしらの問題が起こってしまうのではないかと、ネガティブなことを考えてしまうのではないでしょうか。

 

安全に現金化をするためには、優良店との取引はもちろんのこと利用の仕方にも注意をしなければなりません。

 

クレジット現金化を安全に使うには、どうすれば良いのか解説していきたいと思います。

自分が持っているカードの種類を調べる

カードの種類

クレジット現金化は、どのカードでも利用することはできますが、所有しているカードの種類によっては、どういう方法を取り入れて現金化をするのか決める必要があります。

 

皆様がお持ちのクレジットカードは、VISA、MASTER、JCBが大半であり、AMEX、DINERSをお持ちの方は少ないでしょう。

 

それぞれのカードを更に分類しますと、発行元が異なっています。

 

現金化をするのであれば、特に三井住友銀行、シティ銀行が発行元のクレジットカードでの取引には注意が必要です。

 

この種類のカードは、クレジット現金化に対してのショッピングに敏感に反応をしやすく、厄介な種類として昔から知られています。

 

クレジット現金化業者が、取り扱っている自社の端末でのオンラインは海外決済となる為、カード会社が不審に感じるのです。

 

どこで何を購入したのかもさえ、分からずじまいとなるため、カード会社が現金化を目的とした利用ではないのかと決め付けてしまう恐れがあり、認証がされません。

 

それならば、現金化の方法を換えるしかありません。

 

 

 

安全第一の現金化はカードの種類で方法を決める

安全_カードの種類

クレジットカードの種類によって、現金化業者の端末決済を行わなければ、安全なのかといえばそうでもないのです。

 

AMEXとDINERSは現金化業者が導入している端末ではオンライン決済はできないことのほうが多いです。

 

それならば、この2種類のカード所有者は現金化をすることすらできないのかと言うと、そうではありません。

 

クレジット現金化の方法さえ換えれば、現金化は可能です。

 

どこで何を買ったのかが不明だから、ショッピングが認証されないというのであれば、購入先が分かれば問題がないということになります。

 

この2種類に限らず、銀行が発行元のクレジットカードも買取方式の現金化であれば、問題ありません。

 

高価買取をされている商品を購入し、それを売れば良いだけのことです。

 

カード会社もこの方法であれば、不審に感じませんし確実に現金化ができますが、注意点はあります。

 

換金性の高い商品は、あまり高額のショッピングをいたしますと、カード会社が一時的に利用停止にすることもありますので、購入の仕方に気をつけなければなりません。

 

 

 

どのカードも同じ方法とはいかない

カード_同じ方法

クレジット現金化では、使うカード現金化の種類によって安全を考慮し、方法を変えなければいけなくなることもあります。

 

現金を手に入れるまでには時間もかかってしまうことでしょうが、カードが無事な状態でなければいけません。

 

取引業者も自分達にとばっちりを食らってしまうことを恐れているため、決済に関してはしっかりと対応してくれるでしょう。

 

クレジットカードは、一生使える大切な物ですから、一度の利用で誤ってしまいますと、台無しになってしまいます。

 

現金化業者へお申込みする前は、カードの取り扱いをどうされているのか確認することが重要です。

 

その方法によって、取引業者の選定にも繋がっていきますし、クレジットカードの命運も変わってくるのではないでしょうか。

 

クレジット現金化をするときは、換金率やスピードにこだわる方が多いですが、カードの安全が第一ということを見落としがちになってしまいますので、充分注意してください。

 

 

クレジット現金化比較ナビ | 失敗しない即日現金化 TOPに戻る