クレジットカード会社の利用規約を確認

おひさまクレジット公式

クレジットカード会社の利用規約を確認

利用規約をチェック

クレジットカード会社 利用規約

現金化は違法ではないが利用規約違反?

カード現金化 利用規約

貸金業の許可を受けず高金利で貸付を行っている闇金融は現在でも絶えることなく潜んでおりなくなることはありません。

 

この闇金融というのは明らかな違法行為であり、業者自体もそれを把握しながら警察から逮捕されないよう業務を続けているのです。

 

世間からの印象では闇金融と同等という見解もあるクレジットカード現金化ですが、最近では貸金業法違反などで摘発される業者もなくなり「悪徳商法」というイメージも薄らいできたかのように感じられます。

 

業者の総数も平行線を辿っており街中やインターネット上で現在でも多くのクレジットカード現金化の営業を行っています。

貸金業法の法改正が行われた訳ではなく、なぜ現金化業者が逮捕されなくなったのかは定かではありませんが現状としてはクレジットカード現金化の安全性は確立されてきたことには間違いありません。

 

法律的に問題がない状況にあるクレジットカード現金化サービスですが、それ以前からある根本的なクレジットカードの利用規約に反するという問題はどうすることもできません。

 

カード発行会社の利用規約

カード会社 利用規約

現在、日本で発行され使用されているクレジットカードには会員規約や利用規約が必ずあり、カードを契約する際にその内容に同意の上、クレジットカードを使用していることになります。

 

大半の方はクレジットカードを契約する時の利用規約をしっかりと把握することはないまま発行へと至ります。

 

この利用規約というのはカード発行会社により内容は若干異なりますが共通して「換金目的でのクレジットカードの使用」を禁じる内容が組み込まれています。

 

この利用規約に違反した場合

  • ・カードの利用停止
  • ・債務の一括請求
  • ・会員の強制退会

 

という措置をクレジットカード会社の判断で行う可能性があります。

 

この利用規約というのはクレジットカード所有者に対しての規約であり、現金化サービスを行う業者に対しては何の効力もありません。

 

つまりクレジットカード会社は現金化を阻止するためには所有者を規制するしかないということになります。

しかし、クレジットカード会社としてもカードを利用しないことには利益があがらず、例えクレジットカード現金化の利用であろうと返済さえすれば問題はありません。

 

そういったことからクレジットカード会社としては現金化サービスを公認することはできませんが、利益を生み返済に困った場合でも救済してくれる効率の良いビジネスという部分もあるのです。

 

したがって、表面的にはクレジットカードショッピング枠現金化は規約違反としていますが、利用に関しては黙認することが常識であり、クレジットカード現金化サービスと共存していくことを望んでいるのが本音だといえます。

 

 

クレジット現金化比較ナビ | 失敗しない即日現金化 TOPに戻る