クレジットカードが利用停止になるワケ

おひさまクレジット公式

クレジットカードが利用停止になるワケ

クレジットカードが利用停止になる理由

インターネット上では様々なクレジットカード現金化に関するブログや掲示板などがあります。そこには真実に基づいた体験談や憶測の域を超えた噂話などがあります。

その一つに「クレジットカード現金化をするとカードが利用停止になる」というのを何度が見たことがあります。本当に現金化すると利用停止や強制退会になってしまうのでしょうか?


クレジットカードの利用規約

 クレジットカードだけに限らず、無料ブログを作る時やメールアカウントを作成する時には運営会社の利用規約に同意の上、そのサービスを利用することになります。この利用規約に同意しなければサービスを利用することはできないのですが、大半の人は細かい利用規約を読むことなく同意をしているのが現状です。
クレジットカードを申し込む際にももちろん利用規約に同意し、カードが発行されます。このクレジットカード会社の利用規約に「換金目的での使用は認めない」という内容の項目が必ずあります。従ってクレジットカード現金化という行為自体が換金目的による不正使用となりますので、クレジットカード会社からは認められることないサービスなのです。


現金化で利用停止に本当になる?


では、実際にクレジットカード現金化を行って利用停止や強制退会になった事例はあるのでしょうか。確かに利用規約違反になるので利用停止になる可能性というのはあります。しかし、換金目的での使用は認められておりませんが、クレジットカードで商品券やギフトカードを購入することはできます。

つまり、過去のクレジットカードの履歴から逸れた使い方やショッピング枠ギリギリまで換金性の高い商品券などを購入しなければ、クレジットカード会社から疑われることはありません。利用停止になる可能性は少なからずありますが、一度の決済金額が高額だったり、何度も同じお店で同じ商品を購入するような不審な行動がなければ特に問題にはなりません。




クレジット現金化比較ナビ≪失敗しない即日現金化≫TOP頁もどる