現金化と総量規制の接点

おひさまクレジット公式

現金化と総量規制の接点

総量規制から早5年がたった今…

総量規制 今からちょうど5年前の2010年6月18日、改正化資金業法による総量規制がはじまりました。   この総量規制というのは原則的に個人に対して借り入れ総額が年収の3分の1までに制限されるという内容のものです。   簡単に説明すると年収が300万円の方が消費者金融から借りることができる金額は100万円までということです。   この法律ができた影響によりこれまで年収の3分の1以上の借り入れがあった債務者は消費者金融からお金を借りることができなくなってしまいました。   そこで総量規制には制限されることないクレジットカードのショッピング枠現金化サービスが脚光を浴び始めました。   このクレジットカード現金化というサービスは総量規制の対象となっているキャッシングを利用せず、買い物をするためのショッピング枠をお金にすることができるサービスです。  

多重債務者を減らすために制定された法律

総量規制 このクレジットカード現金化サービスはそれ以前から存在していましたが、総量規制の影響を受けた債務者の駆け込み寺となり最盛期を迎えました。   その翌年、キャッシュバックによる現金化商法は貸金業に該当するという見解から初の摘発者が現れ、徐々に衰退していくかのように思われましたが5年後の現在でも営業しているサイトは数多く存在します。   そもそも総量規制という法律は多重債務者を減らすために制定された法律ですが、半ば強行的な手段にも捉えられこのクレジットカード現金化サービスという受け皿がなければ、闇金融から借り入れする人や借金苦により自殺に追い込まれる人は確実に増加するという結果になったのではないでしょうか。   クレジットカード現金化サービスは総量規制により注目されその市場を築き上げましたが、これからもまだまだ需要のあるサービスだと言えます。  

消費者金融に代わる手軽な資金調達

総量規制 アベノミクス効果やベースアップなど騒がれておりますが、まだまだ中小企業で働く多くの消費者にとっては消費税増税や様々な価格の値上げが痛手にしかなっていなのが現状です。   末端の消費者の景気が上向くまですぐそこという感じはなくそれまでの時間をつなぐために多くの方がクレジットカード現金化サービスを利用されると推測されます。   利用者にとっては消費者金融に代わる手軽な資金調達方法として活躍していくことでしょう。    

クレジット現金化比較ナビ | 失敗しない即日現金化 TOPに戻る