世間から見られる現金化の社会的なイメージ

おひさまクレジット公式

世間から見られる現金化の社会的なイメージ

イメージ的には悪い…

現金化_社会的イメージ 数年前まで多くのメディアや報道に取り上げられていたクレジットカード現金化サービスですが、その報道の内容というのは世間に良い印象を与えるものではありませんでした。   クレジット現金化商法というのはほとんど価値のない物を高価な商品としてクレジットカード決済し、キャッシュバックと称して現金を振り込む商品売買を装った高金利の悪徳商法というニュースがほとんどです。   このようなメディアによる報道だけでなくクレジットカード発行会社や関係省庁から「クレジットカード現金化は危険」といった注意勧告を次々と促しました。   それでも逮捕例のないクレジットカード現金化業者は違法性はなく安全に利用できることを主張し営業をやめる事はありませんでした。  

世間的には闇金融の印象

現金化 社会的イメージ それに終止符を打ったのが2011年全国で初めてクレジット現金化商法による逮捕者が出たことです。   これによりキャッシュバックによる現金化方法は違法という法解釈になったのです。   当然、この報道は大きく取り上げられクレジットカード現金化業界に大きな衝撃を与え、世間的には闇金融と同等の違法なビジネスという強い印象を植え付けました。   それから数社の現金化業者が摘発されましたが、撲滅には至っておりません。   それどころか現在でもインターネットや街中でも堂々と営業しているのが現状です。   では、クレジットカード現金化は違法という社会的イメージになったのにも拘らず、これまでと同様に営業を続けていくことが可能なのでしょうか。   その理由はいくつか考えられますが、大きな理由としては需要がありきちんとした手順を踏めば法律的に問題はないということだと思います。   これまでもクレジットカードのショッピング枠をお金に換える行為というはあったのは事実です。  

違法ビジネスという印象派消えない

現金化 社会的イメージ 当然、クレジットカード現金化自体が犯罪ということではなかったのですが「キャッシュバックによる高金利の現金化」の登場により、全体的なイメージがネガティブなものとなってしまいました。   確かにこれまでキャッシュバックの現金化業者は摘発された例がありますが、商品の換金による現金化業者が摘発された例というのは存在しません。   このところクレジットカード現金化業者が取り上げられる報道はなく、世間的にもマイナスイメージは薄らいできたようにも感じられます。   この印象がプラスに転じることは難しく現状の平行線が長く続くと推測され、クレジットカード現金化サービスがマイナスイメージではなくなるためには異なった業務形態に移行しない限り違法ビジネスという印象は消えることはないでしょう。    

クレジット現金化比較ナビ | 失敗しない即日現金化 TOPに戻る