現金化するためのクレジットカード入会

おひさまクレジット公式

現金化するためのクレジットカード入会

現金化初心者に捧ぐカード審査がとおりやすくなる方法

現金化初心者     お金がない!でも貸してくれる人も貸してくれる場所もない!なんてことありませんか?そんな時こそクレジットカードの現金化はとても便利なサービスですが、お金に困っている方というのは事情はさまざまですが、すでにクレジットカードの入会申し込みをしても、すでに審査にとおらない状態になっていることが多いです。   たとえば以前に消費者金融から借りたお金の支払いを滞納してしまったことがあったり、遅れてしまったり踏みたおしてしまったりして信用情報に「問題アリ」とされていることで審査がとおらなっかたりします。   実際にカード現金化申し込み者の半数ちかくはクレジットカードを持っていないという統計もあります。なぜ申し込むのか意味がわかりませんが、切羽つまってフリーダイヤルに電話してしまうのではないかと想像してしまいます。   そのような申し込み客の中に「クレジットカードの審査がとおらないから、なんとかしてくれ」という意見が多いそうです。 カードさえ手に入ればと、その手がかりをもとめて現金化業者に申し込みをするのかもしれません。   もちろん現金化業者がていねいにカードの作り方を教えてくれるということは、ほぼまちがいなく無いでしょう。  

年齢によって申し込めるカードはちがう!?

現金化審査     そこでクレジットカードがどうしても欲しいと思っている方に審査がとおりやすくなる方法をお伝えいたします。これであなたもあこがれのクレジットカードの現金化ができるようになるかも(?)しれません。   そもそもクレジットカードは18歳以上(高校生は不可)であれば、だれでも申し込むこができます。しかしそこには各クレジットカード会社の審査基準を満たす必要が当然あります。原則として安定的に見込める収入(給料など)さえあれば審査はとおります。未成年や会社に入社してまもない人などはやはり審査のハードルが若干高くなります。   しかし学生には「学生専用クレジットカード」なるものがあるのです。未成年の学生であれば親の同意承諾書が必要ですが、とくに収入がなくても入会申し込みができますし親の年収などは審査基準とは関係なく審査を受けることができます。   審査そのものも、よほどの事がないかぎり落ちることはありません。はれてカードが発行されると学生専用のサービスも充実していますし、卒業して社会人になってもカードは継続利用ができます。   希望があればクレジットカードのグレードを上げることもできますから、まさにいたれりつくせりです。つまりクレジットカードデビューは早ければ早いほど特典をより多く受けられるのです。   ちなみに人気の高いカード会社の銘柄は学生専用ライフカード、JALカードnavi(学生専用)、セゾン・パール・アメリカン・エキスプレス・カード、ANA VISAカード(学生用)、三井住友VISAクラシックカードA(学生用)などです。    

クレジットカード利用には年齢の上限がある!

現金化初心者2     「いや、もう学生じゃねーし」という方であれば審査の基準が一般枠になってしまいますが、普通のクレジットカードではなく年齢限定クレジットカードにまずは申込んでみることをおススメします。たとえば三井住友VISAデビュープラスカードであれば25歳までの方であればだれでも申し込むことができて審査もゆるいのが特徴です。ちなみに26歳になると使えなくなるわけではありません。なんと三井住友VISAプライムゴールドカードへグレードアップすることができるのです。   しかし冒頭でもお伝えしたとおりクレジットカードデビューしたてで、まちがったカード利用をしてしまうと信用情報にキズがついて、その後の生活に支障をきたすことにもなりかねませんから、いきなり現金化する場合は注意が必要です。返済はリボにしないで、できるかぎり1回払いにしましょう。   ところでクレジットカードには入会できる年齢の上限があります。各カード会社はそれを公表はしていませんが、たしかに存在はしているのです。   先ほどもお伝えしたとおりクレジットカードの入会申し込みは基本的に安定的な収入があることです。つまり定年退職をしてしまうと収入がなくなるわけです。   しかし年金が支給される場合は給料に変わって年金が「安定的な収入」とみなされるのです。ではどこで年齢の上限が設定されているのでしょう。答えはナゾです。   65歳で審査に落ちることもあれば、75歳で審査にとおる場合もあるのです。これはあくまでも推測になってしまいますが、たとえば住んでいる家が自分名義の持ち家であったり、あるいは他にも不動産を所有していたり、家族(家計を同一にする)といっしょに住んでいたり自家用車を所有していたりすると審査にとおりやすいと思われます。   逆に賃貸アパートにひとり暮らしで、とくに財産とよべるものが無い場合は審査のとおる可能性は低くなるのではないでしょうか。   そして高齢者向けに一番審査にとおりやすいと思われるカードがJR東日本の「大人の休日倶楽部ジパングカード」です。   まず入会条件がすごいです。男性ですと65歳以上、女性であれば60歳以上ないと申し込み資格無しとみなされます。   年齢の上限設定はありません。利用限度額は400,000円ですから高齢者でも富裕層の方に向けたカードと言えるでしょう。 しかもこの「大人の休日倶楽部ジパングカード」、インターネットでの申し込みができません。ほぼすべてのカードがインターネットでの申し込みが「かんたん、便利」と謳っていますが高齢者にとってはその申し込み方法がネックとなっているのです。   高齢者にとっては「申し込みは郵送のみ!パソコンやスマホがつかえなくても大丈夫!」という謳い文句が逆に受けて入会希望者が増えているのです。高齢者にとっては郵送でのやりとりのほうが安心できるのです。  

現金化が中高年の強い味方

現金化 初心者3     「いや、もう高齢者でもねーし!」という方、お待たせしました。30代、40代、50代の方というのはそれなりの社会的立場になっている方が多く、それにともない付きあいの場所が広くなっていますのでクレジットカードを利用するシーンが他の世代にくらべると多くなるものです。   クレジットカード会社としてもこの世代の入会を強く望んでもいます。この世代の入会審査にとくに注意するべきことはまずステイタスを捨てることです。   年会費無料の安っぽいカードは持ちたくないですとか、俺はプラチナカードだブラックカードだなどと高望みしては審査に落ちる確率が上がります。入会金、年会費無料でいいので、できれば確実にカード発行してもらえるよう安全策をとったほうがいいでしょう。   そして審査基準で重要視されているのが年収、借り入れ件数、借り入れ金額です。この部分を最低でもクリアしたうえで気をつけなければいけないのがキャッシングを希望することです。   現金化に使うカードだからキャッシング機能はいらないと思うかもしれませんがカード会社から見ればキャッシングを使ってくれるお客さん=おいしいお客さんとなるわけです。 一応100,000円ほどキャッシングできるように申し込んでおきましょう。   そしてもう一つ気をつけたいのが複数のクレジットカード会社に入会申し込みをしないことです。これはカード会社から多重申し込みとよばれて年収が多く、借り入れ件数と借り入れ金額が少なくても審査に落ちる可能性がはね上がります。   どこか一つでも審査がとおってくれれば・・・という気持ちは分からなくもありませんが、多重申し込みは瞬時に信用情報機関に報告されるため各カード会社は「そんなにお金に困ることがおきたのか!?」と疑心暗鬼になってしまいますし、最近よくテレビCMなどでも見かける「今なら入会キャンペーンで8,000ポイント進呈」などの、いわゆる新規入会特典のポイントだけが欲しいのでは?と勘ぐられてしまいます。   ですので1社づつ様子を見ながら入会申し込みをしていきましょう。もちろん無事発行されたからといって、いきなり現金化してカード会社に取り引きを疑われては身もふたもありませんから少し信用をつけてから慎重におこなうほうがよいでしょう。