換金率に学ぶクレジットカードの即日現金化

おひさまクレジット公式

換金率に学ぶクレジットカードの即日現金化

換金率こそ現金化業者選びの判断基準

現金化換金率     あなたがクレジットカードを現金化しようとしたときに一番に重要視することはなんですか?   自分の口座に振り込まれるまでの時間ですか?利用できるクレジットカードの銘柄が豊富なことですか?老舗の店舗か新規参入の店舗かということでしょうか?あるいは担当営業の接客態度でしょうか?   そういったことは二の次、三の次だと思います。もっとも重要なことは換金率が何パーセントになるかということが一番気になるはずだと思います。換金率あるいは還元率ともよばれていますが、自分のカード決済金額に対して実際にいくらの現金を受け取れるかがとても大切ですね。   言い換えれば現金化しようと思ったときは換金率はどれぐらいになるのかが利用者にとって一番関心のある事柄であると思います。   これはカード現金化の初心者にとってはおよその相場すら分からない状態ですので判断基準すらあいまいになるのではないでしょうか?   もちろん何度もカード現金化をしたことがある人でも1%でも高いところがあれば鞍替えしたいと考えるのは当然だと思います。   もちろん現金化業者もそのことをよく知っているのでホームページの目立つところに「最大95%保証」、「ただいま換金率98%キャンペーン実施中」、「業界最高還元率宣言99%!」、「他店よりも1%でも高く換金いたします!」など、この換金率にかんする宣伝広告は各店舗一番力が入っているようです。しかし実際にホームページに記載されている換金率で現金を受け取ることはまず無いと言ってもいいでしょう。   現金化業者は顧客の囲い込みのために、できるかぎり高い換金率で一人でも多く電話あるいはメールでの申し込みをさせようと躍起になります。 申し込み者はあたりまえですがお金に困っていて、しかも1日でも早くお金が必要な状況であることから、現金化業者とのやり取りで多少損しても早くお金が欲しいと思ってしまう心理を巧みに突かれてしまいます。   業者がたとえば「換金率は95%です」と言ったとします。あなたが100,000円のクレジットカード決済をした場合は100,000円の95%である95,000円が振り込まれるのでしょうか?答えは違います。   手数料や登録料、振込手数料、消費税だなんだとさまざまな名目で手数料がかかり最終的にはかなりのパーセンテージが差し引かれた金額があなたに振り込まれるはずです。    

悪徳現金化の換金率

現金化換金率2     以前は換金率が50%以下だったという悪質な現金化業者も実際にいました。あまりの換金率の低さに申し込み者がキャンセルを申し出ると「であればキャンセル料を支払え!」と切り出すそうです。   しかもその金額が法外でとても払える金額ではないため申し込み者が食ってかかると「家族にバラす」、「個人情報を他社に流す」などと恫喝されて「イヤならばこの換金率でガマンしろ、次は高くしてやるから」などと言われ泣く泣く現金化したという利用者も実際に少なくなかったのです。   クレジットカード現金化の業界自体がそれから幾度となく逮捕者を出したりなど取り締まりが厳しくなったこともあるのでしょうが、悪質な現金化業者は業界から姿を消し、最近は1度きりのカード現金化で利用客を使い捨てするよりも、何度も利用してもらえるようにして細く長い取り引きへとシフトしていったのです。   今、実店舗だけではなくスポーツ新聞やインターネット広告でみかける現金化業者は自然淘汰されて生き残ったいわば老舗の優良店である可能性がきわめて高いです。   しかしだからといって、どこでも高換金率なのかということまでは分かりませんから、やはり情報収集を欠かさず無闇に申し込みをしたりするのは得策ではないでしょう。   とりもなおさず換金率とカード決済金額との差額が業者の取り分(利益)になることはお分かりいただけたでしょう。もちろんすべてではありません。決済代行会社やカード会社の手数料や振込手数料などもあるので仕方ない面もあるにはありますが、あまりに換金率が低いようであればとくに現金化業者を使って現金化する必要などないのです。   自分でクレジットカードを使ってなにか転売できるような商品を購入して買い取ってもらえば事足りるわけです。   ではなぜ現金化業者に頼らざるをえないのでしょうか?それは高価で買い取りしてくれる商品がなんなのか分からないということです。最近では現金化を防ぐため新幹線の回数券や商品券はクレジットカードでは購入ができなくなってしまいました。   かといってパテックフィリップなどの高級腕時計を買って質屋に持ちこんでも査定でいくらになるかも分からない。分からないのに高額な買い物はとうぜん不安になります。   ですから現金化業者に最低〇%保証しますよと言われると「時間が無いからそれでいいや!」となってしまうのです。   不思議なことにお金の無い人というのは、なぜか時間も無いのです。    

換金率の相場と判断基準

現金化換金率3     時間さえあればさまざまな情報を集めてよく吟味することもできます。   振り込み手数料などもそうです。利用を申し込んだ現金化業者がどの銀行口座で取り引きをしているか、自分自身の銀行口座はどこなのか、その組み合わせと振り込み金額によっても手数料は相当変わってきます。   たとえば、現金化業者も利用者も同じジャパンネットバンクだったということであれば振り込み手数料は無料になるでしょうし、銀行営業時間外でも(たとえば土日祝でも)振り込みが即時反映します。   しかしもし現金化業者が東日本銀行しか取り引き口座がなく、利用者が東京三協信用金庫にしか口座をもっていない場合、振り込まれる金額にもよりますが、振り込み手数料がいくらかかるのか調べてみないとさっぱり分かりません。   このようにホームページ上での換金率と実際に振り込まれる金額には大きな隔たりがあるのが当たり前なのです。   冒頭でもお伝えしましたが初心者も、よく現金化を利用する人もそれを踏まえた上でクレジットカードの現金化を検討しなければなりません。   カード決済した金額を支払うのはあなたなのですから、そういった観点からもカード現金化の相場を知っておかなければ話が前に進みません。   とても高い換金率に対して「たったこれだけ!?」となってしまったり、あるいはおどろくほど低い換金率でも「やったー!現金振り込まれたー!」などという状況は避けたほうがよいでしょう。   あくまでもざっくりですが相場観として200,000円以下だと80%前後です。優良とみられる現金化業者ほど誇大広告をあまりしないようです。   タイミングの問題もありますが新規優待キャンペーン等がある場合は90%に近くなったりもしますが、それでもさすがに90%を超える換金率は存在しないと思われます。いたら是非紹介してください。  

換金率の高低が現金化のカギ

現金化換金率4     申し込むときも電話あるいはメールで問い合わせをしてみましょう。その際の業者の対応、接客態度でかなりその現金化業者の品格が分かるはずです。   いきなりタメ口でしゃべるようであれば問答無用で申し込み禁止です。必要最低限の礼節をわきまえていない人とお金の話をするのは不愉快以外のなにものでもありませんからね。   往々にして対応の怪しい業者というのがどの業界にもかならずいますから、少しでも「うさん臭い!」と思ったら取り引きは中止しましょう。   そして問い合わせ、質問内容はできるだけ具体的にしましょう。 たとえば「ホームページに最大換金率〇%とありましたが、〇円カード決済した場合の実際に振り込まれる金額を教えてください」、ですとか「その金額からさらに別の手数料を差し引かれることはないですか?」、あるいは手元に電卓などを準備して「〇円絶対に必要なのでいくらカード決済すればいいですか?」など、とにかくこちらからはっきりとした金額を提示して相手にもはっきり金額提示をさせましょう。   いい加減なやりとりで高額な契約をしてしまった場合はかならず後悔するものです。   換金率はすべてではありませんが、現金化する上で決しておろそかにできる要素ではないのです。   インターネット上では中立的で公平な比較サイトなどどこを探してもないでしょう。自分自身で納得いくまで現金化業者を比較検討して自分にあった現金化業者を探しあてるしかないのです。