失敗しないための現金化比較!!

おひさまクレジット公式

失敗しないための現金化比較!!

現金化業者を徹底的に比較してみた!

現金化比較1     クレジットカードの現金化業者をざっくり見回してみるとじつに千差万別であることが分かります。換金率から振り込みまでの速さ、担当者の電話での態度までさまざまです。   はじめて現金化を利用するような初心者が、最初に申し込んだ業者の印象が悪ければ、もう2度と利用しないでしょうし、逆に好印象であればリピートするかもしれませんし、もっと換金率の高い店はないだろうかと色々調べてみようと思うかもしれません。   ためしにネット検索をしてみると「クレジットカード現金化比較」では約2,690,000件のサイトがヒットしますし、「現金化比較」ですと約4,170,000件のサイトがヒットします。 比較のサイトだけではなく口コミのサイトもありますから多すぎて何を判断基準にしてよいのか初心者ではなくとも迷うのは当然のことでしょう。   まず比較検討をしようとする時、みなさんは何を使って比較しますか?圧倒的にインターネットを使うかたが多いのではないでしょうか? ほとんどがスマホやパソコンから「現金化 比較」などのキーワードで検索するのではないでしょうか?   スポーツ紙などの掲載広告で比較する方はきわめて奇特な方と言わざるをえません。   今や検索ぬきの生活は考えられないのが実情です。    

たかが検索エンジンされど検索エンジン

  現金化比較2     ちなみに皆さんは、どのような検索エンジンで普段検索をされていますか? 検索エンジンとはインターネットの黎明期にはウェブサイトやウェブページの検索のみを提供するだけの機能でしたが、その後さまざまなサービスが付加されたポータルサイトへと変貌をとげました。   たとえばYahoo!JAPANなどはニュースやオークション、メール、ショッピング、天気予報、路線案内に今日の占いなどのサービスもあります。そのため最近では検索機能をサービスのひとつとして提供するだけのウェブサイトは検索サイトとはよばなくなったようです。   おもな検索エンジンとしては前述しましたYahoo!JAPANやGoogle、楽天、bing、FC2、アマゾン、YouTube、マイクロソフト、Facebook、ウィキペディア、Ameba、ネイバージャパン、LINE、Twitterなど、GoogleやYahoo!以外にも検索エンジンはおどろくほど多いのです。   また検索エンジンはロボット型検索エンジン、ディレクトリ型検索エンジン、メタ検索エンジンなどに分類されていて、ロボット型検索エンジンはユーザーが入力した検索キーワードでデータベースに登録された膨大なウェブページをしぼりこみ結果を表示する仕組みで、ディレクトリ型検索エンジンとは人間の目視審査によって優良と認定されたウェブページのみがあらかじめ登録されているため質の高い情報が得られます。   メタ検索エンジンは入力した検索キーワードを複数の検索エンジンもちいて検索することから横断検索エンジンともよばれています。   これほど多くの検索エンジンが乱立する中で一番多く使われているのはYahoo!JAPANです。2番手のGoogleを大きくひきはなしてぶっちぎり、ダントツのTOPです。   パソコンの平均月間利用者数は4,000万人とも言われています。しかしスマートフォンからの利用者数Yahoo!JAPANとGoogleが逆転してしまいます。これはiphoneの影響が大きいです。iphoneのデフォルト検索エンジンがGoogleだからのようです。  

氾濫する比較サイト、その信憑性

  現金化比較3   ネット検索は多くの情報を得るためにはなくてはならないツールに成長しました。目の前のパソコン、スマホには図書館に所蔵されている書物以上の情報量が集積されていると言っても過言ではありません。   この膨大な情報がわたしたち一般ユーザーのさまざまな比較検討を容易にしました。がしかし、その一方で情報の洪水の中に真実が見えにくくなってしまっている面も少なからず存在することも否定できません。   クレジットカードの現金化はキャッシングができない方にとってはありがたいサービスですが、申し込む店は慎重に検討したほうがよいでしょう。   フリーダイヤルにかたっぱしから電話して確かめるという方法もあるにはありますが、お金に困った時というのはほとんどの場合、時間が無い時が多いものです。   そこでとりあえずネット検索してみて上位表示されている比較サイトをランダムに複数抽出してみて、独断と偏見で比較ランキングをしてみました。   とりあえず大切なポイントとしては先ず換金率ですね。そして振込までどれぐらいの時間がかかるか?取り扱っているクレジットカードの銘柄の数。担当者の対応(接客)の質、そしてもっとも気になるのが手数料ですね。  

やはり相性第一で!

  現金化比較4   換金率は高いのに、やれ契約事務手数料だの決済手数料だの振込手数料だの、はては消費税だの、最初の話とまったく違ってくるのでは、やりとりの時間が無駄になってしまいます。   ホームページのデザインなども大切です。見るからに手抜きでかんたんに作られているホームページは長く営業しようとしていない気持ちの表われでもありますからね。   会社概要のページなどで所在地が確認できますが、住所が最後まで表示されていなかったりすると少し不安をおぼえます。   営業している年数が長いのもユーザーとして安心材料となるでしょう。「この業者、むかしからよくネットで見かけるな~」となれば、それなりの優良店の証とも言えます。   そういった事柄を一切合切ひっくるめて色々な角度から勝手に検証してランキングしてみました!結果はっぴょ~!   1位:ひまわりギフト 2位:ゴールドラッシュ 3位:あんしんクレジット 4位:新生堂 5位:なごみギフト 6位:安心くん 7位:大吉屋 8位:ライフパートナー 9位:アキバギフト 10位:キャッシュチェンジ   実際に申し込んでみたわけではないので、なんとも信憑性には欠けますが比較サイトを分析してみると、こんな感じになることは間違いないでしょう。