同じ即日ならキャッシング?現金化?

おひさまクレジット公式

同じ即日ならキャッシング?現金化?

即日現金化のメリットを最大限に生かす

現金化のメリット     クレジットカードのショッピング枠現金化、最近では若年層や主婦にも利用するユーザーが増えています。以前のような現金化に対する暗く後ろめたいイメージから少しづつ脱却をしようとしている印象を受けます。   今までは中高年サラリーマンが、ほぼすべての消費者金融から借り入れを起こしてしまい、どこからも借りられず最後に行きつくのがクレジットカードの現金化でした。ですから例えば新橋や神田、関内のカード現金化業者の店舗に入る時は、消費者金融の店舗に入る時より人目が気になると感じる方がとても多かったのです。   しかしひと昔前から女性が利用しやすいようなデザインのホームページを作って宣伝したり、サイト内にレディースプランや女性優遇換金率などのキャンペーンで女性への訴求を強めています。   頭打ちになった男性ユーザーから、今度は女性を新規開拓のためのターゲットと定めた現金化業者が増えていきました。中には女性専用サイトを新たに作るほど注力している現金化業者もあらわれています。   同時に法人向け、個人事業者向けの現金化業者を現れました。法人のクレジットカードは個人にくらべてショッピング枠の金額が大きい(例:100万円等)ので現金化業者にとっては利益があがるため「おいしい客」として認識されています。   資金調達の新たな手法とし確固たる地位を築きつつあるカード現金化ですが、まったくサラ金からの借り入れが無いにもかかわらずカード現金化を利用するユーザーが増えつつあるのです。これは消費者金融や銀行系カードローン、クレジットカードでのキャッシングのデメリットが影響をしています。   通常の場合、キャッシングをすると必ず信用情報機関(CICやJCIC、KSCなど)に履歴が残ります。そして1度でも支払いを遅延したり、不履行をしたりしても当然履歴が残ります。そしてブラックリストに登録された場合、その信用状履歴は7年から10年ほどは消えないとされていて、その間は他の金融機関からも信用情報が共有されて場合によっては、どこからも借り入れができない状態となってしまうのです。    

キャッシング枠が残っているのにあえて現金化する

ショッピング枠現金化メリット   また就職活動などをされていて一部上場の大手企業や銀行、信用金庫などへの採用は、ほぼ絶望的となってしまいます。社会的信用の高ければ高い企業ほど就職はきわめてむずかしいと言わざるをえません。   また住宅ローンの申し込みなどもこの信用情報の状態によって審査が通らなくなってしまいます。個人の信用情報は原則として本人以外からの開示請求はできないようになっています。信用情報は金融機関などの融資をおこなう際の判断材料以外には基本的には使用ができないのです。   しかし興信所などに依頼をすると、いともかんたんに開示できてしまいます。どのようなカラクリかは分かりませんが現実にそのようなことが起きているのです。たとえ1度も支払いが滞ったことのない人でもサラ金数社に合わせて百数十万の借金があるというのは人格を疑われる材料となりますし、またキャッシングをする際に在籍確認(本当に申告した勤務先に勤めているかどうかの確認の電話)をされるのが死ぬほどイヤだという方もいるでしょう。   最近は派遣や出向で勤務先とは別の場所で実務をされている方も多いため金融機関も疑ってかかるのが普通です。お金を借りたい人というのは同時に誰にも知られたくないという気持ちが人一倍強いため在籍確認がとても精神的に苦痛となります。   そして月々の返済も苦痛です。最近ではコンビニエンスストアにATMが常設されていることが多いので便利ではありますが、振り込み手数料がそれなりにかかります。そのため上から下まで消費者金融が入ったビルの最上階からアコム、プロミス、アイフルと返済していくのも、かなりの精神的苦痛です。   その場でばったり出くわした他人も上から順に返済をしていくため、上から順にずっと自分の後をついてこられたりすると、さすがに悶絶してしまいます。そういったことがあるため特に最近の若い人や女性などはカード現金化にシフトしていてるのかもしれません。  

資金調達のための新たな試み

カード現金化メリット     金融機関からのキャッシングのデメリットを考えてみると、逆にクレジットカード現金化のメリットが浮き彫りになります。   クレジットカード現金化サービスの方法はイメージよりも複雑ではありません。一応おさえておきたいのは現金化業者の運営スタイルによって商品買い取り方式とキャッシュバック方式に大別されます。   商品買い取り方式は買い取り価格の高い商品(ほとんどの場合、業者が指定します)をクレジットカードで購入してそれを現金化業者に買い取ってもらうというやり方です。キャッシュバック方式とは、キャッシュバック特典がついている商品(ほとんどが二束三文の商品、たとえばキーホルダーなど)などを現金化業者からクレジットカードを使って購入します。その特典として買い取り金額の何パーセントかを特典としてキャッシュバックしてもらうというやり方です。   つまり現金化の手法は通常のショッピングとまったく同じ手続きです。もちろん手数料を差し引かれるため実際の購入金額よりも多くクレジットカード会社への返済をしなけれななりません。しかしその手数料を消費者金融の利息と置き換えて考えることもできます。   またキャッシングするときのように審査がありません。クレジットカードを持っていてショッピング枠が残っていればだれでも利用することができます。当然ですが担保や保証人も不要です。 また万が一、返済が遅れてしまった場合などアコムやアイフル、プロミスやエイワから勤務先に電話がかかってきたり、自宅に電話がかかってきて家族に知られたりするのではないかとビクビクしてしまいますが、カード現金化はあくまでもクレジットカード会社とのショッピング契約となるため電話がかかってくるとしてもVISAやマスター、JCB、セゾンなどですのでとりあえずは安心です。   たとえ第三者に信用情報の開示請求をされたとしても、そこに残っている履歴はショッピングであって融資ではないのです。キャッシングとクレジットカード現金化を相対的に比較してみると、どちらがおススメかと断じることはできません。最後は各自の判断でしかないのです。    

デメリットがあることも事実

クレジットカード現金化メリット     もちろんカード現金化にもデメリットがあります。たとえば「換金率が低すぎる」などが代表的な例でしょう。こんなに手数料を差し引かれるくらいなら年率18パーセントの金利を払ってでもサラ金でキャッシングすればよかったなどということが起きるかもしれません。       サービスの質が向上したとはいえ、まだカード現金化業者はすべてが優良とは言いがたいことも事実なのです。   だれにでも人生の転機がおとずれます。先ほども申し上げたとおり就職や結婚、そしてマイホームの購入、やがて家族ができたときには今度は子供たちの就職や結婚などです。   その時について回るのが自分の信用情報だとしたら・・。千載一遇のチャンスが、もしあなたに訪れたときに信用情報が原因で棒に振ってしまうなど悔やんでも悔やみきれないでしょう。   一時的にお金に困ることなど人間、生きていれば誰にだって起こりうることです。ただし資金調達、現金調達にはさまざまな方法があるのです。自分にとって何がベストなのか?つねに自問するべき喫緊の課題なのです。   後悔しないためには、できるかぎり多くの情報を収集してどの方法をチョイスするか?高い授業料を払う羽目になることも時にはあるでしょう。しかし自分の信用情報が多大な影響を人生に与えるかもしれないと少しづつ人々は気づき始めています。   たとえカード現金化でなくとも「キャッシング」ではない別の解決方法を模索し始めている人たちがいるのです。