即日現金化は換金率がすべて!?

おひさまクレジット公式

即日現金化は換金率がすべて!?

即日現金化の換金率至上主義は正しいのか?

クレジットカード即日現金化換金率     クレジットカードを現金化するときに重要視するのは換金率という方が大多数だと思います。それは当たり前だとは思いますが、換金率がすべてとは言いきれない事もあります。   換金率が高いことにこしたことはありませんが、そのパーセンテージだけに目をうばわれているのも問題です。換金率が高くても即日現金化できないという状況ですといかがでしょうか?   とても高い換金率ですがお振込みは翌々日の手続きになりますと言われるのと、若干換金率は低いですが今日の15:00までにお振込みが可能ですと言われたとき、その時の状況に応じて判断する必要がでてきます。   たとえば2リットルのミネラルウォーターをコンビニエンスストアで買おうとするとメーカーによっても価格は違うと思われますがおよそ200円ほどではないでしょうか?これがスーパーマーケットやディスカウントストアですと98円ほどで売っています。   実に半値以下の値段です。しかもこのコンビニエンスストアとスーパーマーケットは歩いてもそれほど遠くない場所で営業していたりします。コンビニエンスストアは24時間営業があたりまえでどちらかというと若年層で単身者が主に利用しています。   スーパーマーケットはだいたい10:00~20:00が営業時間でおもに主婦がターゲットの客層となります。要するにコンビニエンスストアとスーパーマーケットは買い物に訪れる客層が違うため、これほど価格に差が生じてもうまく棲み分けができています。    

付加価値の差が価格の差を生み出す

カード即日現金化換金率     もちろんミネラルウォーターだけの話ではなく、さまざまな商品をコンビニエンスストアはほぼ定価の値段で販売しているのがふつうの状態です。   スーパーマーケットがすべての商品を定価で売っていたらたちまちお客さんが来なくなってしまうでしょう。コンビニエンスストアには商品を定価で売ってもたえずお客さんが来る付加価値があるのです。   それは24時間営業だけではなく、たとえばマルチコピーサービス、宅配便の配送手続き、映画やコンサートのチケットの購入、切手や収入印紙の購入、住民票の発行、公共料金の支払い、トイレ、そしてセブンイレブンでは最近インターネットショッピングで購入した商品の受け取りまでできるようになりました。   つまり自分の目的によって無意識にコンビニエンスストアで済ますのか?それともスーパーマーケットへ行くのか?はたまた自動販売機でもこと足りるのか判断しています。   クレジットカードのショッピング枠を現金化するときとはお金に困ったときです。それは変わらないと思いますが、お金の問題は人それぞれです。お金の価値観もまた人それぞれです。   1円を大切にする人もいれば1,000円以上じゃないと大切にしない人もいることでしょう。お金に几帳面な人、だらしない人、いつもお金に困っている人、常に満ち足りている人、浪費ばかりしている人、大儲けばかりしている人、ギャンブルが大好きな人、堅実で節約するのが大好きな人など、これは自分の職業によっても影響を受けることが多いのですが、こと「お金」のこととなると千差万別、十人十色といっていいのではないでしょうか。ですので高換金率というだけでは万人向けではないのです。  

お金の問題は個人の価値観

即日現金化換金率     私も個人的にクレジットカードを現金化したことが以前にありました。今も時々現金化する店があるのですが、決して他のお店より換金率が飛びぬけて高いという訳ではありません。   振り込みまでの時間が短いという訳でもないのです。ではなぜ今もつきあっているかというと実は自分自身よく分かりません。   しいてあげるならばお金に困ったときに最初に助けてくれたから、その恩返しのつもりで他のお店を使わないようにしています。そして担当者(電話だけですので会ったことは一度もありません)が親身になって相談にのってくれるということぐらいです。最近では冗談を言いあえるような人間関係になっています(汗)。   どれほど換金率が高くても、あるいはすぐに振り込みしてくれても相手の態度がつっけんどんで、見下したような態度だとしたら「もう一度利用してみよう」とは思わないのではないでしょうか?   気さくに気兼ねなく話ができる人であれば「また利用するならあの人の店を使おう」となるはずです。お金の問題というのはとてもデリケートでなかなか人には話しづらいものです。   たとえば10,000円足りないという状況だとしても友人や恋人、まして会社の同僚には相談しづらいこともあるでしょう。やはりそこは信頼関係だけではない、信頼+aが必要なのです。このaについては各自思い思いのキーワードを当てはめてみてください。   ちなみに換金率という言葉を先ほどから何度か使っていますが、還元率という言い方をするお店もあります。これは同じようで実は微妙にちがいます。   クレジットカードのショッピング枠を現金化する手法は大きく分けて2つあります。商品買い取り型とキャッシュバック型です。     キャッシュバック型とは現金化業者が指定した商品を利用者が購入するとその商品代金の何パーセントを特典としてキャッシュバック(お振り込み)しますという手法です。商品買い取り型は「買い取る」から換金率。キャッシュバック型は特典として還元するから還元率といいます。   もともとクレジットカードの現金化業者はインターネットが普及する前、およそ20年以上前から新橋駅や東京駅などの駅前でお店をかまえて、おもにサラリーマン相手に細々と営業していました。   宣伝広告なども看板がメインでした。よく工事中の金網やコインパーキングなどに70cm×40cmで「カードでお金!」などの看板を見かけたことはないでしょうか?あれこそが唯一の集客方法でした。   しかしキャッシングでもう借り入れができず資金繰りに困った多くのサラリーマンや自営業者がつめかけクレジットカードの現金化はその後、神田や新橋、そして地方都市にも広がりを見せ始めたのでした。    

換金率もふくめて総合的に判断する

即日現金化換金率     店舗の現金化業者は当然、即日現金化でした。店に行くと業者が指定する商品を買うよう促され、その商品をカード決済で購入後、その店に戻って業者に買い取ってもらうというシンプルなサービスでした。いわゆる、よく見かける金券ショップや質屋と同じような古物商です。   このような店舗型現金化業者であれば対面式ですので仲よくなって、時に無理を聞いてくれるのではないかと期待が高まります。常連にでもなれば通常利用ではありえない優遇措置があるかもしれません。   換金率もリピートするたびに高まることだってあるかもしれません。そしてなにより顔をつきあわせてやり取りをするわけですから信頼感が、顔の見えない電話でのやり取りとは比べものにならないと思います。   店舗型の現金化をおススメしているわけではありませんが、やはり人はメールや電話よりも「会う」ことが一番、理解しやすいと個人的には思います。   ちなみにyahoo!やGoogleで「クレジットカード現金化」と検索して1ページ目に表示されているサイトなどに掲載されている現金化業者はひまわりギフト、安心クレジット、キャッシュライン、ハッピーリターン、ピュアライフ、ライフハート、スマイルギフト、安心くん、ネクストドアなどですが、どこの業者も「即日現金化」をアピールしています。   翌日現金化や1週間以内に現金化などという業者は存在しません。現金化は即日が当然なのです。   しかしあえて翌日にすることで換金率が上がるのならば、あなたはどちらを選択しますか?何度もお伝えしているとおり、お金の問題はきわめて個人的な価値観に左右されるのです。