即日現金化の最新トピック

おひさまクレジット公式

即日現金化の最新トピック

電子マネーが即日現金化をかんたんにする!

電子マネーを即日現金化する     AmazonやiTunes、GooglePlayなど最近はEコマースの決済方法として電子マネーを利用することが多くなったと思いませんか?それにともなってクレジットカード現金化の業界も少しづつ電子マネーに軸足を移している気がします。というより現金化の裾野が大きくひろがっているといったほうが、あてはまるかもしれません。   以前にLINEアカウントを不正入手して知人になりすましiTunesカードを買わせて、そこに記載されたコードの画像を送らせるという手口でお金をだましとられる事件がありました。   すぐにテレビのニュースなどで報道されて鎮静化したようですが、じつは今でも手を変え品を変え詐欺行為は横行しています。   たとえばアダルトサイトの架空請求や示談金を送る手段としてプリペイドカードが使われたり、電力会社や市の職員の名をかたって高齢者に電気料金や税金などを支払うようそそのかす詐欺集団がいるそうです。   そのためインターネット上では電子マネーを定価の5%から10%ほど安く買うことができますが、その中には一般ユーザーがだまし取られたプリペイドカードがかなりの量を占めているとのウワサもあります。   この一件だけでも「お金のデジタル化」がいかに危険かがお分かりいただると思います。    

電子マネーの普及が現金化に多大な恩恵をあたえる!

電子マネーを即日現金化     電子マネーの仕組みをきちんと理解している人は得をするでしょうが、そうでない人は大損するリスクをはらんでいるのです。これはどのような事柄にも通じることではありますが、もちろん現金化の仕組みを理解しているか、していないかにも通じる部分です。   電子マネーの現金化の還元率の相場は85%から90%と言われています。   ちなみにAmazonの買い取り率は90%、販売価格は92.5%~96%、iTunesカードは買い取り率85%で販売価格が95%~98%、GooglePlayは買い取り率90%で販売価格が96%~98%、Webmoneyの買い取り率は90%で販売価格が95%~98%、楽天の買い取り率は90%で販売価格は95%~98%ほどです。   安い値段で出回っている電子マネーは詐欺集団だけが市場に送り込んでいるわけではありません。今日中にお金がどうしても必要だけれども銀行やサラ金から借金できない人などは、それこそ数えきれないほどいるのです。たとえば家族に絶対に知られたくないですとか、公務員だから職務規定上、解雇されることもありうるなどです。上場企業の正社員であれば社内コンプライアンスなどもあります。     そういった人々がクレジットカードのショッピング枠を利用して、ひと昔前などは新幹線の回数券などを購入して金券ショップに持ちこみ現金化などをしていました。それが最近は電子マネーを悪用するようになりつつあるのです。    

仕組みを理解すればこわくない

即日現金化の仕組み   もちろん現金化業者や現金化したい金額にもよりますが、電子マネーであるギフト券をインターネットで買って右から左で転売すると、およそ85%~90%ほどになります。現金化業者やギフト券買い取り業者などは「即日で高価買い取り!95%!」などとホームページに大きく記載されていたりしますが、この換金率はきわめて怪しいと言わざるをえません。実態としてはもちろん買い取り業者にもよりますが80%~90%ほどだと思われます。   右から左でこの還元率は一般ユーザーにとっては厳しいと思われるかもしれませんが、ちまたにあふれるクレジットカード現金化にくらべると優秀な還元率ではあります。   ちなみにコンビニエンスストアなどで売られているAmazonギフトカードは買い取ってもらえません。買い取ったとたんにコードを利用されては元も子もないですから、買い取りには受取人指定のEメールタイプのギフトカードが使われているのです。   iTunesカードも金券ショップで買い取ってもらうためには、購入した際のレシートや領収書が必要になります。買い取り業者と不正な売り主はまさにイタチごっこ状態です。   余談ですが、だれもが一度は聞いたことのある有名質店ではロレックスやフランクミューラーなどの高級な腕時計をクレジットカードを使って購入させて、それをグループ会社である買い取り屋に持っていかせ買い取り率80%前後で現金化させてしまうそうです。   一つの会社のなかでおなじ商品がグルグルとまわり続けながら利益を生むシステムになっているのです。またある外貨両替サービスを使ってアメリカドルを買い98%ほどで日本円に換金するとい荒技もあります。   話を元にもどしますが電子マネーは取り扱い方法をまちがえなければ恩恵を受けられることも事実ですし、Amazonで1年間に20万円ほど買い物される方であればAmazonギフトカードを安く購入することで1万円ほど得をする計算になるのです。  

電子マネーから見る現金化の将来

電子マネーを即日現金化     また最近、急速に浸透しつつあるジェフグルメカードもスグレものです。ジェフグルメカードは全国共通のお食事券で1枚500円の金券ですが加盟店の数が圧倒的に多いのが特徴です。   一例をあげればガスト、デニーズ、ロイヤルホスト、ジョナサン、バーミヤン、夢庵、和食さと、華屋与兵衛、CoCo壱番屋、日本海庄や、坐・和民、天狗、キリンシティ、安楽亭、ケンタッキーフライドチキン、吉野家、大戸屋、オリジン弁当、小僧寿し、ドミノピザ、そして西武百貨店やそごうなどのデパート内のレストラン街まで、ファミレス、居酒屋、ファーストフードをふくめ、じつに日本国内の外食チェーン店を中心に35,000店舗で利用ができて、しかもこの金券はお釣りを受け取ることができるのです。   金券ショップで買うのは新幹線の乗車券と映画の前売り券だけという時代は終わりました。   電子マネーの急速な普及が一般ユーザー、とくにカード現金化利用者に今までなかったほどの恩恵とにもたらすでしょう。しかしそれは同時にリスクをもたらすことにもなるでしょう。   ですから「チリもつもれば山となる」の気持ちでさまざまな仕組みを理解して利用しなければなりません。現金化の方法はクレジットカードのショッピング枠のみならず、おどろくほど多いことが分かるでしょう。