クレジットカードのショッピング枠を即日で現金化するために

おひさまクレジット公式

クレジットカードのショッピング枠を即日で現金化するために

即日で現金化の極意とは!?

即日現金化     即日で現金化するための極意をお伝えする前にまずは、クレジットカードのショッピング枠を現金化するとはどういうことかを、かんたんにご説明しましょう。   クレジットカードのショッピング枠を現金化するには、自身の所有しているクレジットカードのショッピング枠がまだショッピングできる(商品を買う)残高が無ければできません。   よくインターネット上で見かけるカード現金化の広告で「クレジットカードお持ちの方、必見!」などの宣伝文句にクレジットカードさえ持っていればお金が借りられる、あるいはクレジットカードを担保に融資が受けられると勘違いされる方が多いのですが、(笑い話でなく・・)これはまちがいです。     お金に困っている方は消費者金融や最近流行の銀行系カードローン、クレジットカードでのキャッシングなどは使いつくしてしまい、それでも手元にすぐに現金が必要な人は多いのですが、そんな時にクレジットカードのショッピング枠が手つかずの状態で残っていれば、あるいはまだショッピング枠を満額使い切っていなければ、その枠を利用して商品(業者が指定する商品など)をクレジットカード決済して、現金化業者にその商品を買い取ってもらい、自身の口座にその買い取り代金を即日振り込んでもらう。     商品は手元に残らず翌月からクレジットカードの支払いが始まりますが、一時的には現金を手に入れることができます。   これがクレジットカードのショッピング枠を現金化するというサービスです。    

カード現金化はあくまでも裏ワザ!

即日で現金化     もちろん各クレジットカード会社は例外なく、そのような利用方法を推奨しておりません。利用規約違反でクレジットカードの利用が一時停止あるいは退会処分になる可能性もあります。   「でも大丈夫!カードはまだ何枚も持っているから」とあなどってはいけません。個人の信用情報はCIC(主にクレジットカード会社など)、KSC(銀行などの金融機関とその関連会社)、JICC(消費者金融会社とその関係企業など)ともに裏でつながっているといわれています。   考えてみれば銀行や信販会社、消費者金融は貸金規制法が施行されて以降、合併や統廃合をくりかえしたため、裏でつながっていても不思議ではないのです。NicosがダメでもVisaがあるなどど思っていると、ある日とつぜんすべてのカード払いができなくなるということも起こりうるのです。   よほどお金に困らない限り利用はしないほうがいいのでしょうが、やはり便利なサービスであることはいなめません。   要するに使い方、利用方法がキモになります。   もちろん月々の支払いがすべて終わればクレジットカードのショッピング枠は元の状態に戻るので再利用することができます。   ショッピング枠の現金化でかしこく資金調達されている方も多々いますが、中には自転車操業に陥ってしまう方も現実問題として多いのではないでしょうか?     手軽で便利なサービスだからこそ、かしこく利用するために自制心が求められます。  

換金率が上がればリスクも上がる!

カード現金化即日     さて、それでは即日現金化の極意を伝授いたしましょう。みなさんもお気づきかとは思いますが、お金というのはいつも突然に必要になることが多いと思いませんか?   来月の中旬頃に必要なお金であれば事前に計画をたてて準備ができますよね?たとえば友人、知人の結婚式のご祝儀や夏休みの旅行の費用などであれば、いきなり困るということは少ないはずです。しかし今日中にどうしてもまとまったお金が必要になることが、なぜか実生活ではかならずおこるのです。   クレジットカードのショッピング枠を即日現金化したい!明日でも明後日でもなく、ましてや来週でもなく、今日手元にお金が必要になった場合、どのような方法が一番有効かを考えてみました。     実際にインターネット検索をしてみると、ほとんどの業者が「即日現金化」と謳っていますが、これは事実でしょうか? じつは業者によってさまざまで良心的な業者であれば即日(銀行の営業時間である15:00までに)現金が振り込まれます。   しかし中には翌日、翌々日、あるいは今日のところは半金で商品を返送した時に残金の振り込みがされるといような方法をとる業者なども存在します。     ひどいところだと半分の残金がいつまでたっても振り込まれないなどあるそうです。あらためて、どの業者と契約するか?がとても大事です。とはいえ初心者がやみくもに電話で問い合わせても効率がよいとは言えません。   しかしこのサービス、業者を使わず自分自身で現金化を試みると・・・・、例えばクレジットカードで新幹線の回数券を購入して、そのまま金券ショップに持ち込み換金するとおよその買い取り率は90%前後です。   自宅や職場から金券ショップまでの距離が近ければ問題ないですが、遠い場合は往復の電車賃と時間がかかります。下手をすると半日、仕事ができない状態になってしまいます。これを業者に申込み、インターネットと電話を使ってやり取りをすれば時間と労力をかなり削減できるのはたしかです。     しかしながら問題は換金率です。手軽に即金入手できるということは、そこに手数料なるものが発生するのは当たり前かもしれません。   風俗店に行ってカード決済すると現金より10%~15%高くなってしまうのと同じ感覚ですね。 この手数料(実際に決済される金額から差し引かれる金額)をいかに安く抑えることができるかが、ユーザーからするとっても大切な、そして切実な問題です。     あまりに手数料が高ければ自分で現金化したほうがよいでしょうし、あるていど納得できるのであれば利便性を優先したほうがよいでしょう。   これはユーザーのふところ具合に関するものなので、後悔しないように納得いくまで説明をしてもらうようにしましょう。クレカ現金化サービスはさまざまな事情(業者の逮捕など)から一時的に淘汰されて今現在、営業している店舗は老舗をふくめ優良店が多いことも事実です。   競合店より1%でも換金率を高めて顧客の囲い込みを余儀なくされています。だからと言ってすべてが優良店だと安心するのはいかがなものかと思います。    

即日クレカ現金化の極意!

クレカ現金化即日     インターネット上でよく見かける現金化業者サイト(店舗)は、それなりに広告予算をもっているから露出の頻度が高いのでしょう。   言い換えれば、それなりの(広告費用を捻出できる)売り上げがある。つまり利用しているユーザーの数が多い。あるいはリピート率が高く保たれているということでしょう。あまり見かけないポッと出の現金化業者とはそもそも格といいますか安心感が違います。   しかし繰り返しになりますが、よく見かける店舗、老舗の店舗がすべて納得できる換金率がどうかは保証ができません。   これを踏まえて以下の事柄にとくに注意が必要です。   〇振り込みまで最短は5分だとしても、では最長だと何分(あるいは何日)かかるのか? 〇振り込みを急がせるとその分、換金率が下がってしまうのか? 〇下がってしまう場合、最終的に受け取ることができる金額は何パーセントになるのか? 〇15:00を過ぎてしまっても明日扱いにならず、ジャパンネットバンクや楽天銀行などから振り込み対 応をしてもらえるか? 〇これが一番大切だとは思いますが、現金化業者が今後も継続的に取り引きを望んでいるか?(望んで いない場合は使い捨てのように低い換金率で利益を優先しようとします)   即日で現金化、文字どおり「今日中にお金を手に入れる」ということは、もちろん借り入れもふくめ常にそれなりのリスクがともなうことも事実だと認識したほうがよいでしょう。