クレジット現金化のよくある質問

初心者は必見!現金化のQ&A

  Q.本当に最短5分で現金化ってできるの? A.最短5分で現金化ができるというのは難しいことでしょう。   各現金化業者の公式ホームページを見ていただきますと確かに「最短5分で現金化!」と表記されていますので誤解を生んでしまいますが最短5分と言うのは手続が完了してからの時間です。   利用者様のある程度個人情報をお聞きするはず
  Q.クレジット現金化をしても逮捕されませんか?   A.クレジット現金化をしても利用者が逮捕されることはありません。   現在、クレジット現金化は違法性に問われている資金策ではありますが、合法となっておりますので逮捕される心配はありません。   ただ、クレジット現金化のサービスを行なっている業者は大変数多
  Q.お申込み後キャンセルってできる? A.お取引を考えている現金化業者との契約はお申込みをしたからといって必ず契約をしなくてはいけないという決まり事はございません。   現金のご用立てがご必要ではなくなられたり、取引業者が不審だと感じた場合は契約はキャンセルすることができます。    ただし、個人情報をお預けしたりしているのであれば、申込みと同
  Q.正しい現金化業者の選び方を教えて? A.どんな契約事も安心・信頼できるお店との取引が一番であり、誰もが優良店と言われているお店を選定したいはずです。   クレジットカード現金化は、初めてご利用される方の大半はクリーンなイメージが湧かず取引するのにも不安がちになります。資金策が他には無くこの方法を使わざるを得ないという状況にあった場合にはどうしたらよいのか
Q.海外に出張中ですが現金化はできますか? A.お客様がクレジットカードをお持ちでネット環境さえご用意できるのであれば、国際電話を通じて現金化のお取引はできます。   お客様がどこにいようとも取引業者と連絡を取れる状態であれば、何も問題はありません。ただし、振込先は日本国内の金融機関に限定されますので、海外ですと現金のお引き出しが不可能で、海外との時差がありますので24時間
  Q.三井住友銀行のクレジットカードは取り扱いできますか? A.どの種類のクレジットカードでも現金化はできますので、もちろん三井住友銀行が提携されている銘柄のものであっても取り扱いはできます!   利用経験者ですと、取引業者に三井住友銀行の銘柄のカードは取り扱いが難しい。もしくは対応ができないといったことは聞かれたことはあるのではないでしょうか。 クレジット
Q.クレジットカード現金化はメールのみ取引はできますか? A.ネット環境さえあれば、クレジットカード現金化はメールだけでも取引はできます。   電話なしでも、メールでのやり取りで連絡も可能ですし電話をしないという決まりはございません。   お電話をお持ちであれば、直接現金化業者に連絡をしての取引をした方が簡単ですので、メールだけでの連絡はお
  Q.未成年でも取引はできますか? 未成年者ですと、クレジットカードをお持ちいただいている方は少ないと思います。ご本人様名義であることが確かであれば、ショッピング枠を使ったクレジットカード現金化の利用は可能です。   今の社会では、大学生の方であれば作りやすいクレジットカードは多くございますし、家族カードというものもございます。   現金化業者に
Q.現金化業者からお金はいつ振り込まれますか? A.クレジットカード現金化の初心者も利用経験者も初めて取引するお店ですといつお金が振り込まれるのかとても気になる所だと思います。   まずは、お客様のクレジットカードの決済が確認取れませんと送金は絶対できません。   入金時間は取引業者によって異なりますが、決済後大体5分から15分程度で送金されますので、それほど
Q.クレジット現金化業者から送られてくる商品はどんなものか教えてください A.クレジットカード現金化業者と契約をされたら、キャッシュバック特典付き商品が配送されます。   キャッシュバック特典付きの商品とは、価値の無いものが多いです。大半の現金化業者は手の平サイズのキーホルダーだったりすることが、多いのではないでしょうか。   クレジットカード現金化業ではショ
  Q.クレジットカードをお店まで持っていけば良いですか? A.クレジットカード現金化をご利用する際は、その名の通りクレジットカードは必須アイテムになりますが、取引業者までお持ちいただく必要はございません。   現金化は来店不要のお取引で現金が手に入れられます。では、お持ちのカードをどうすれば良いのかと申しますとご利用者様が取引をするお店によって使い方が異なって
  Q.クレジット現金化業者にかかる手数料を教えてください A.クレジット現金化を利用をする際は、必ず仲介業者に手数料が発生するでしょう。   自社の端末を通して決済をするため費用がかかり、この手数料が現金化業者の収益になります。   ここで問題なのが、クレジット現金化業者によって手数料が異なるという事で、手数料には業者によって様々な内訳があり