最短5分で現金化は可能なのかを検証

最短5分で現金化は可能なのかを検証

最短5分はまず無理

最短5分 現金化

 

Q.本当に最短5分で現金化ってできるの?

最短5分_現金化
A.最短5分で現金化ができるというのは難しいことでしょう。

 

各現金化業者の公式ホームページを見ていただきますと確かに「最短5分で現金化!」と表記されていますので誤解を生んでしまいますが最短5分と言うのは手続が完了してからの時間です。

 

利用者様のある程度個人情報をお聞きするはずですのでお申込みにかかる時間は約10分と見ていただきます。

 

次に取引業者からクレジット決済をしていただく際の手順でも認証までは約10分~15分は懸かるでしょうから手続き完了まではおよそ30分は懸かると思っていてください。

 

それからの送金手配となりますからお申込みから現金化までは40分以内だと認識いただければと思います。

 

同じ店舗で2回目以降のクレジット現金化であればご本人様確認をするだけですので現金を手にするまでは初回よりももっと早いです。

 

それぞれ現金化業者によって銀行口座へ送金してもらうまでの所要時間は異なります。

 

 

 

Q.銀行の営業時間が終わっても最短5分で振り込んでくれるの?

最短5分_現金化
A.銀行の営業時間が終わったとしても現金化までの手続が終了したのであれば最短5分でお振込いたします。

 

但し、地方銀行への送金ですと翌日付けとなり契約日が金曜であった場合は翌週の月曜日反映となり祝日前も同様に2日後の着金です。

 

メガバンク(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)の場合は例外で現金化業者によりますが、この三大銀行と提携しているのであれば最長で平日19時までの送金であれば当日付けの入金が可能。

 

クレジット現金化を利用されるのであればどの業者と契約するにしてもジャパンネット銀行か楽天銀行をお持ちであれば24時間いつでも当日中に入金されます。

 

ゆうちょもネットバンクではありますがメンテナンス期間に入ることもあって上記の銀行と比較すると便利さには欠けます。

 

お急ぎでないのであれば15時以降の地方銀行への送金でも翌金融機関営業時間開始と共に着金が確認できるでしょう。

 

最短5分で振込みというのはあくまで手続が完了してからの振込時間ですのでどんなに早くても30分は目安にしてください。

 

間違いなく断言できるのはクレジット現金化はどんな資金策よりも早くおかねを

 

Q.最短5分以下の取引ってできないの?

最短5分_現金化
A.現金化業者の中には最短3分と謳っていますが正直それほど最短5分と変わらない気がします。

 

結局のところはお申込みからクレジット決済までが終了しなければ指定の金融機関へ送金されないわけですから、最短3分で現金化できる店舗との契約を交わした上でもそれまでの手順が遅ければお金を手に入れる時間は変わります。

 

少しでも早く資金化されることを希望としているのであれば利用しようとしている業者に前もって現金化までの過程を確認しておくべきです。

 

先程も申し上げましたが最短5分でお振込と言うのはお申込みから手続完了してからの入金となりますので現金化されるまでは早くても30分は懸かると目安にしてください。

 

断言できるのはクレジット現金化はどんな資金策よりも早くお金を手に入れることができる方法だというのは間違いないでしょう。

 

 

クレジット現金化比較ナビ | 失敗しない即日現金化 TOPに戻る