クレジット現金化で詐欺に遭わないためには

クレジット現金化で詐欺に遭わないためには

詐欺に合わないための予防策

クレジット現金化_詐欺

以前と比べてクレジット現金化を活用される人の数は増えてきました。

 

クリーンなイメージがないのは昔から変わりませんが、どの資金策よりも簡単に手配できることから活用する方が多くなっているのだと思います。

 

現在、クレジット現金化を運営しているサイトは、ネット上でも大変多いので利用を検討している方は、取引業者の選定には手間取るのではないでしょうか。

 

慎重に取引会社を選り分けることでしょうが、悪徳業者に鉢合わせてしまい、詐欺に遭ってしまったという方もいます。

 

では、悪徳現金化業者の詐欺被害を免れるには、どうすれば良いのかお教えいたします。

 

高換金率に惑わされるな

惑わされる

 クレジット現金化を利用される方は、高換金率設定の現金化業者との契約を希望されることでしょう。

 

現金を多く手に入れたいという考えは誰もが同じではありますが、思わぬ落とし穴が待っているのです。

 

どの公式ホームページを見ても換金率は必ずといっていいほど、高く表記されているものばかりですが、実際は表記通りではないので、高い換金率ほど惑わされてはいけません。

 

利用者は、高い数値には目がいきがちになり興味を示しますが、これが現金化業者の思惑通りなのです。

 

契約したいということさえわかれば、現金化業者はことを早く済ませるために、手続きを進ませていきます。

 

クレジット決済が完了し、振込まれた額面を見て驚いた方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

後から手数料を差し引かれる

手数料

手続きが済めば、後は現金化業者からの振込みを待つだけです。

 

入金が完了したことを確認はしてみたものの、表記通りの額面が振り込まれていない場合があります。

 

どういうわけなのか事情を現金化業者に問いただしてみると、手数料を引かせてもらったという返答で、利用者からしてみれば、何も聞いていないということから、間違いなく揉めることになるでしょう。

 

ここまでの、手続きで利用者に落ち度があるとすれば、使うショッピング枠に対していくら振込まれるのか確認をしていないことです。

 

この場合においては、後から手数料を差し引かれてしまったということです。

 

クレジット現金化では、必ずといっていいほど手数料がかかりますので、表記通りには現金を手に入れることはできません。

 

クレジット決済をする前に申告をしない業者も悪いですが、利用者側も入金額を事前に確認しなかったことが原因であり、このような事態を招いてしまってからでは遅いのです。

 

 

 

振込まれる額面は6割代

pict-Dollarphotoclub_87802294

クレジット現金化業者との取引では、使用するショッピング枠に対していくら振込まれるのかを確認してからの手続きを行なってください。

 

中には、申込みをしてからではないと告知できないと言われることがありますが、その様な会社は気にとめないことです。

 

聞かれたことに対して答えられなかったりするのであれば、取引に至って信用できません。

 

このような現金化業者が詐欺を働くことがあり得ます。

 

クレジット現金化をする前に何も確認せずに手続きを済ませてしまうと、勝手に不透明な手数料を差し引かれ、結果的に振込まれる額面が使用したショッピング枠の6割代になってしまったことがある人もいます。

 

また、振込みを2回に分ける現金化業者もおり、1度目の入金はあったものの、残りの振込がいつになってもされず、結局6割代になってしまった人もいるようです。

 

クレジット現金化は、カード会社への利用規約を犯しているため、詐欺被害に遭ってもお手上げとなる方も多くいますが、こういう悪質業者を野放しにしてはいけません。

 

詐欺に遭わないためにも、換金率の見方にはご注意してください。