クレジット現金化で写メを送るのは業者の陰謀かも

クレジット現金化で写メを送るのは業者の陰謀かも

ちょっと待って!個人情報を写メで送る前に…

クレジット現金化_写メ

どんな取引事でも必要とされた書類を提出しなければ契約ができません。

 

特にお金に関わることに関しての交渉には書類は必要です。

 

クレジット現金化においては審査はなく書面的な書類はありませんが携帯電話を使ったカメラ機能で業者が依頼した物を画像を撮らなければなりません。

 

撮っていただく物は身分証明書は確実ではありますが契約を交わす現金化業者によって写メする物は様々です。

 

過剰に個人情報を入手し悪用される恐れがあったりとメールをする時は用心していただかないと思わぬ落とし穴にはまってしまいます。

 

全てがそうだとは言い切れませんがクレジット現金化で写メを送るのは業者の陰謀かもしれないことがありますので用心してください。

 

必要書類として写メをする

クレジット現金化_写メ

クレジット現金化はお金にまつわる取引ですが契約を交わす際に書面的な書類を提出することはことなく、電話申込みの時にある程度の個人情報を聞かれるだけですので年収等は関係ありません。

 

ショッピング枠現金化はクレジットカードがあればどなたでも利用することができる資金策となりますので、他人が名義人を装って不正に使うことができることからカード所有者が申出をしている裏づけを取ります。

 

それを立証する為に利用者は現金化業者に携帯電話のカメラ機能を使って身分証明をしなくてはなりません。

 

身分証明書の現物を現金化業者にお預けするわけにはいきませんので必要書類として写メをすることで簡単に証明することができます。

 

取引業者によって写メを送信する内容は異なる

クレジット現金化_写メ

クレジット現金化はショッピング枠残高があるカードを持っていれば誰でも資金調達できるというのは確かなことですが業者に指定された画像をメール送信できなければ契約はできません。

 

カメラで撮る画像も身分証明だけできれば利用することができるのかといえばそうでもなく取引業者によって写メをする内容は異なります。

 

現金化業者はクレジットカードの不正利用を恐れていますのでカード名義人から申込みをしている証拠を掴みたいので身証明証だけでは取引には応じません。

 

では、その他に必要事項は何があるのかといえば1)クレジットカードの両面の画像、2)その時に使用するカードを持った自画像、3)ご自宅に届く公的な郵便物になります。

 

クレジットカードの両面の画像が必要となると有効期限やセキュリティコードが知れ渡り悪用される心配がありますが重要な情報に関しては付箋で隠していただいても大丈夫です。

 

現金化業者がクレジットカード情報の提出を依頼するわけには申込み者のお名前とカードに記載されている名義が同名であるかを確認する為となっています。

 

クレカを持った自画像は身分証明する免許証の写真と同一人物であるか確認します。

 

では、その他にパスポートや住記カードをお持ちで無い場合は契約できないのかと言えばそうではなく、保険証等で身分を明かしていただければ現金化の交渉は可能ですが中には写真付きの身分証明書を持っていない方ですと取引には応じない業者もいます。

 

公的な郵便物は身分証明書の住所と同じ場所であることを確認します。

 

お住まいを引越しされたばかりの方や免許証の更新をされていない方は必ず必要となることでしょうが、事情をちゃんと話をすれば公的な郵便物の写メは免除してもらえることもあるでしょう。

 

写メを送らせるのは業者の陰謀

クレジット現金化_写メ

クレジット現金化を装った悪徳業者や悪質現金化業者の存在もありますので個人情報の画像をメールすることに警戒しなければいけません。

 

身分証明書やカード情報を写メすることによって簡単に不正利用することは簡単です。

 

利用者の個人情報として写メを送らせるのは業者の陰謀かもしれませんので用心してください。

 

その他にも過剰に個人情報を手に入れようと色んな角度から聞きだそうとしたりもしますので信頼できそうも無い現金化業者であれば契約はしなければ良いだけのことです。

 

 

クレジット現金化比較ナビ | 失敗しない即日現金化 TOPに戻る