即日現金化術の功罪

即日現金化術の功罪

カードの現金化は救世主か?必要悪か?

現金化即日

 

 

クレジットカードのショッピング枠を現金化という言葉が市民権を得てからかなり長い時間がたちました。みなさんも良い意味でも悪い意味でも、この言葉を耳にされたり「カードでお金」などの看板を目にされたことが多かれ少なかれあると思います。

 

しかしクレジットカードのショッピング枠を現金化するとはどのような仕組みなのでしょうか?これはとても単純なことでカード現金化業者が指定する商品を利用者がクレジットカード決済で購入して、それをそのまま買い取ってもらうだけのことです。

 

このカード現金化というサービスはクレジットカード誕生とほぼ同時期に誕生しました。

 

そもそもクレジットカード自体の概念が登場したのは1950年頃のアメリカのダイナースと言われています。当初は月賦(いわゆるツケ)で飲食などができるシステムだったのです。

 

国内で初めて「クレジット」という概念を持ちこんだのは〇|〇|(いわゆる株式会社丸井)です。アメリカから遅れること10年後の1960年頃だったと言われています。

 

 

そもそもクレジットカードとは?

現金化の起源

 

 

しかしもともと日本にもカード決済のような月賦支払いでの取り引き自体は存在していたのです。それは商品だけではなく先ほどもお伝えしたような飲食(いわゆる呑み代)なども「ツケ」という形ですでに江戸時代にはあったのです。

 

あまり実生活では見かけた体験がないのですがテレビドラマや小説などで「マスター、ツケといて」なんてやり取りがあると思います。これこそがクレジットカード起源なのです。

 

明治時代になると関西から西の地域を中心に月賦支払い、割賦支払いの専門店があらわれました。百貨店(今のデパート)も積極的に月賦支払いによる買い物を奨励するようになりました。

 

そして先述した丸井が月賦支払いを「クレジット」という言葉で呼ぶようになり広く人々に認知されるようになったのです。

 

しかし私たちが持っているようなプラスチックのクレジットカードではなく丸井が発行したクレジットカードは紙でできていました。当時は「クレジットプレート」とよばれていたようですが、現在のようにくりかえし利用できるようなものではなく1回しか使うことができませんでした。

 

単に支払いを分割できるだけの、いわゆるクーポン券やチケットのようなものでした。そして支払いそのものも自分の銀行口座から月々引き落としされるという機能もないため、集金日に集金人が自宅までお金を取りに来るか、あるいは買い物した人が丸井のお店の窓口にお金を支払いに行くという、きわめて原始的な方法でやり取りがされていたのです。

 

当時は規制らしい規制がまったく無かったため、万一集金に行っても支払いができなかったり窓口に返済に来なかった場合、ひと昔まえの高利貸しの借金のようにコワ面の方々の恐ろしい取立てが横行していたのです。

 

丸井のクレジットプレートは今のような分割支払いするためのカードというよりは特別なお客さんにあたえられた会員カードのような特性をもっていたのです。つまり丸井のクレジットプレート所有者は当時の富裕層のステータスシンボルだったのです。

 

急速に普及させようとした理由とは

即日クレカ現金化

 

 

そして時同じくして日本ダイナースクラブが創設されて「クレジット」という言葉が国内で急速に普及していきました。

 

丸井のクレジットプレートが自分のお店の商品を購入させるためのツールであるのに対して日本ダイナースクラブのクレジットカードは富士銀行と他の三銀行、日本交通公社、高島屋が業務提携をしているため現在のクレジットカードに近い性質を持つようになりました。

 

ですので国内初のクレジットカード会社は「日本ダイナースクラブ」であるとする説も存在します。ちなみに日本ダイナースクラブのクレジットカードも紙でしたが冊子といったほうが近いイメージで加盟店名簿の綴りのようなものだったらしいです。

 

丸井のクレジットプレートに対して日本ダイナースクラブはクレジットブックだったようです。

 

ところでなぜアメリカ発祥のダイナースクラブがこの時期に日本に参入したのでしょうか?その背景には1964年に開催された東京オリンピックがあったためでした。オリンピックでは多くの外国人観光客が日本をおとずれます。

 

すでにクレジットカードが定着しつつあった欧米の人々にとって現金での支払いは煩わしく、クレジットカード決済できることが景気の高揚と観光立国への近道だと考えたのでしょう。日本国内にクレジットカードのシステムの礎を早急に構築する目的があったのです。

 

 

 

 

 

そして東京オリンピックを翌年にひかえた1963年に日本ダイナースクラブが現在のカードに近いプラスチックでできたクレジットカードを発行したのです。

 

当時クレジットカードは紙でできているのが一般的だったため、なぜプラスチックにする必要があったのか当時の人は首をかしげたそうですが、これが世界で初めてプラスチックで発行されたクレジットカードで、またたくまに世界中へと広がっていったのです。

 

しかしまだ当然ですが磁気ストライプやホログラム、ICチップなどはありませんでした。材質が単純に紙からプラスチックに変わったというだけの事だったのです。

 

クレジットカード裏面に磁気情報が入るようになったのは1972年頃と言われていますから考えてみればつい最近の技術ということになります。それまではもちろん暗証番号なるものもありませんでした。

 

クレジットカードの大まかな成り立ちはご理解いただけたと思います。冒頭でお伝えしたとおりカード現金化はクレジットカードとともに誕生したその理由の一端が垣間見えたのではないでしょうか?

 

たとえプラスチックだろうが紙だろうがカードがあるということは分割払いができるのです。
カードで店で買って質屋に売って現金を手にするという一連の流れは、お金に困ってなくとも誰でも思いつく方法なのです。

 

 

人は無意識のうちに現金化している!?

現金化即日

 

 

近年、超高等戦術と謳われたカード現金化が2004年3月4日にソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されたプレイステーション2(SCPH-10000)でした。

 

発売価格は39,800円でしたが、まだネットオークションは黎明期でその存在がほぼ知られていなかったため一般的にはほとんど知られなかった現象ですが、たとえばビックカメラやヤマダ電機、ヨドバシカメラでクレジットカードで買ったプレイステーション2を町の中古のゲーム屋に持ちこんで買い取ってもらうと現金39,800円になったのです。店舗によってはそれ以上の金額で買い取ったところも実際にあったそうです。

 

今であればPSVR(プレイステーションVR)がそれに近い現象かもしれません。
定価49,800円(税別)の商品ですがネットオークションでは現在、定価の160%~190%で落札されています。

 

いわゆる最近流行りの「せどり」ですが、ご存知でしょうか?多分あて字だと思いますが「競取り」と書くそうで大辞林には「同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。 また、それを業とする人」とありますが、早い話が掘り出し物をいち早く見つけて買い取り、他者に売って利ざやを稼ぐことです。

 

こういった手法が得意な方というのは確かにいて、他の人とは嗅覚が違う気がします。

 

次に売れそうなものがなんなのか?常にアンテナを立てているような人であればクレジットカードを現金化して業者に手数料を搾取されるのではなく、クレジットカードを使って転売して荒稼ぎすることも決して不可能ではないのです。