クレジットカード現金化を利用する人々

クレジットカード現金化を利用する人々

クレカ現金化は本当に悪なのか?

即日現金化比較

 

 

サラ金(消費者金融)にくらべると「クレジットカードのショッピング枠現金化」は知名度も低く、なじみのない方が多いのではないでしょうか?

 

みなさんがお持ちのクレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠という2つの利用できる枠があります。

 

キャッシング枠とはクレジットカードを使ってそのクレジットカード会社からお金を借り入れる(キャッシング)ことです。ショッピング枠というのは商品やサービスを提供しているお店やインターネットでの通信販売で買い物する際、現金のかわりに決済ができる利用枠のことで、それぞれに上限金額が設定されています。

 

たとえばキャッシングは200,000円まで、ショッピングは500,000円までなどです。お金が足りなくなったときキャッシングするのはよくあると思いますが、そのうち借金が雪だるま式に増えて借りられる場所がなくなってしまいます。

 

最近は改正貸金業法の総量規制が制定されて、個人は年収の3分の1を超えるお金を借りられなくなってしまいました。そこでクレジットカードのショッピング枠を使うのです。

 

かんたんに言いますと、まずクレジットカードでなにかしら商品を買います。それを現金化業者が即日買い取ってくれます。それで急場しのぎのお金が手に入るというわけです。

ショッピング枠現金化はとても秀逸なサービス

即日カード現金化比較

 

 

ここで「?」となったあなた。かなり現金化に詳しい方です。なにも現金化業者に依頼しなくても自分で現金化はできるのでは?と思われるのも無理はありません。

 

そもそもクレジットカードをお持ちの方は多かれ少なかれ無意識にこのクレジットカードのウラ技を使っている場合があるのです。

 

たとえば新幹線の回数券をJRのみどりの窓口でクレジットカードで購入して、その足で金券ショップに行って換金、あるいは百貨店で商品券や高級腕時計をクレジットカードで買って質屋に持ちこんで換金などされたことがあるかと思います。

 

しかしながらその手法、最近はむずかしくなっているのです。

 

クレジットカード会社がショッピング枠の現金化を防止するため一部の商品はクレジットカード決済ができなくなってしまいました。

 

また少しでも不正な利用を感じた場合、クレジットカード会社からカードの持ち主に連絡が入り購入した商品の内容を確認されることがあります。クレジットカード会社はおもて向きはカード現金化をしないよう奨励していますが本音はカードをもっと使ってほしいことから多少のことは目をつぶってくれることもありますが、何事もやりすぎはよくないでしょう。

 

とはいえショッピング枠現金化はとても秀逸(?)なサービスで、本人名義のクレジットカードであれば審査そのもがありません。収入証明書もいらなければ勤め先への在籍確認すらありません。たとえば未成年(18歳以上)でも専業主婦でも、フリーアルバイターでもニートでも年金生活者でも引きこもりでもクレジットカードのショッピング枠が残っていれば即日現金化できるのです。

 

この便利な「カード現金化」ですが検索をしてみると「クレジットカードのショッピング枠の現金化の誘いにご注意ください」(by日本クレジット協会)ですとか「クレジットカード現金化の看板に釣られ店内に入ったらこうなった・・・(汗)」など消費者への注意喚起のサイトが多々あり、かなりよくないイメージが定着しているのはご存じのとおりです。

 

しかしクレジットカードの現金化を取り締まる法律そのものは今のところ存在しません。クレジットカード会社それぞれが定める会員利用規約に違反するだけです。利用規約違反が判明した場合カード会員はカードの利用権を失効します。場合によっては全額を一括で返済しなければならなくなります。

 

しかしクレジットカード現金化をやめようと声高にさけんでも実際にどこからもお金が借りられない人になんの意味があるのでしょうか?日本クレジット協会やカード現金化に反対する方が、今日のお金に困っている人にお金を貸してくれるのでしょうか?

 

すべての方策が絶たれて思い悩んだすえにたどりついた資金調達法がカード現金化だったという人が多いのです。

 

「カードで現金化はやめましょう」と言うのはかんたんです。しかし世の中きれい事だけでは済まないのも事実です。だからこそカード現金化サービスは隆盛をきわめたのです。

 

現金化で詐欺被害にあったという人々とは

即日クレカ現金化比較

 

 

しかしそんな中で「カード現金化業者逮捕!」の報道がかけぬけ業界だけでなく一般のユーザーを震撼させたのです。そのため2011年をさかいに現金化業者は減少に転じました。

 

手広く運営していた大手の店舗も店をたたみ、それまで長くリピーターをかかえていた老舗も業務の継続を断念しました。それはいつ捜査の手が自分にのびてくるか分からない不安と混沌があったからでしょう。

 

事件化した現金化業者は全体から見ればごくわずかかもしれませんが多くの詐欺被害の温床になっていたこともまた事実でしょう。その後、現金化は健全経営するしか生き残る道が残されていなかったのでしょう。

 

最近はすべてとは言いませんが「優良店」が多いことも事実です。利用者が被害届けを出さないことがこの業界で生き残るためには必須の要件となったのです。

 

そもそも詐欺被害にあった方とは業者にどんな詐欺行為をされたのでしょうか?これについてはいくつか入手したレポートがあります。

 


・サラ金の支払期日が迫っていて「還元率98%」とホームページに書かれていたので現金化してみると実際は80%しか振り込まれなかった。(新潟県・派遣社員)
・知人の結婚式の費用ねん出のため現金化を決意。店舗へ行くと新幹線の回数券を買うように指示されその回数券を75%で買い取られた。(東京都・主婦)

 

・会社を解雇され無職になったためサラ金でキャッシングができず現金化。一時的に生活費を得られたが、とられた手数料が多すぎて返済に困窮。(山形県・無職)

 

・パチンコで負けつづけ生活費がなくなり現金化を利用。その後、風俗嬢になりすべて完済。現在にいたる。(埼玉県・風俗業)

 

・日雇い労働で生活が不安定なため現金化「換金率95%」と言われたが実際は75%。今も日雇い労働から抜け出せずにいる(石川県・派遣アルバイト)

 

この利用者たちが口をそろえて言うのは「もう現金化はコリゴリ」だそうです。しかしよく考えていただきたいのですが、「カード現金化」を「消費者金融」に置き換えたとしても、このコメントがしっくりくるのはなぜでしょう。

 

「利息が13%だと聞いたから行ってみると信用状態から18%でしか借りられず生活が余計に苦しくなった」と言われても、それは借りたあなたが悪いということにならないでしょうか?

 

カード現金化を利用する人、しない人の境界線

即日ショッピング枠現金化比較

 

 

なにもカード現金化業者の肩を持つわけではないのですがお金に困っている人、とくに多重債務者は背に腹は代えられないと、追いつめられるとその場しのぎの苦肉の策を多用することが多いように思います。

 

そして後になってなぜか、あたかも自分の意志で借りたわけではないような顔をするものです。だからお金を借りるときは「約束はかならず守ります」と殊勝なことを言って誠実さをアピールしますが、消費者金融への過払い金返還請求が流行すると最初の約束などは忘れて別人のように金を返せなどと言うことができるのです。

 

同じ一人の人間の言動とは思えずおどろいてしまいます。一時的に自分が助けてもらったことなどすっかり忘れて被害者顔になってしまっています。

 

お金に困っている人というのは借りても返せない、あるいはカード現金化しても月々の支払いはできないと分かっているはずです。しかしその場しのぎの行動しかできないのです。「その時はその時だ」、「なんとかなるだろう」という気持ちが先だって中長期的な計画をたてることが不得手なのです。

 

そしてその責任は自分ではなく他者(サラ金やカード現金化など)にあると、返済に困りはじめる頃から思い始めてしまうのです。お金に困る状況になったことが、すべて自分の責任だと思い定めることができないのです。だからいつもお金に困っている。

 

一時的にお金を手にしても、またなぜか足りない状況に陥ってしまう。この無間地獄から脱けだすためには強い自制心と決して他者に甘えない自立心が必要なのです。